新人看護師広場 -新人ナース専門のお仕事ガイド-

新人看護師の「転職」

新人看護師の転職決断は早い方がいい!

慢性的な人手不足の医療業界では、看護師の転職は完全な売り手市場
今後のキャリアアップを考えると、むしろ早いうちに転職しておいた方がいい

 

一般的なOLやサラリーマンと違い、看護師の場合は1〜2年目の新人看護師でも採用してくれる職場が沢山あります。

 

また、看護師という専門的な職種柄、経験年数を積んでから転職する場合でも、新しい職場や診療科目では新人からのスタートになってしまいます。今の職場に不満があるなら、むしろ今後のキャリアアップや自分のやりたいことを考えて、早めに転職を決断した方が良いでしょう。

 

  不利な場面があるということを知ったうえで対策を練る

倍率の高い職場(高待遇・人気職種)の場合、経験年数やスキルの面で不利になる
でも、その中には新人看護師の方が採用に有利なケースもある

 

基本的には、経験年数やスキルを重視して看護師を採用することが多いため、倍率の高い職場ほど新人看護師が不利になる傾向があります。

 

しかし、中には違った意向で採用する看護師を決める職場もあるので、『新人看護師=条件の良い職場に転職できない』というわけではありません。「やる気」や「フレッシュさ」を重視して採用する職場もあれば、「仕事を教えやすい」「職場に順応しやすい」という理由で積極的に新人看護師を採用している職場もあります。

 

看護師の全体求人数が多い分、そういった意向を持った求人先が見つかる可能性は高いので、条件・職種の理想を貫いて求人探しを進めていきましょう。

 

今の職場に不満がある方、転職を考えている方はこちらをチェック!

新人看護師が転職を成功させるためのイロハ

新人看護師の「仕事あるある」

新卒でナースとして採用されて、いざ職場に入ってみると、さまざまなことがあります。働く上で悩みはつきものですが、新人看護師の「仕事あるある」をいくつかご紹介。

 

「すぐ怒られる」「先輩達が怖い」

 

陰口のような形で「仕事ができない」と言われたり、直接面と向かって「看護師に向いていない」といわれたりした人もいるようです。先輩からのきつい一言に、思わず涙してしまったという経験をしている人も少なくはないのではないでしょうか。私もプリセプターの先輩がとても厳しい人だったので、初めの半年は正直本当に辛かったです。


「申し送りがうまくできない」

 

新人看護師にとっては、何をどのように伝えればよいのか、要領よくできないといった悩みの声が多いです。ある程度経験を積むと何でもないことなんですが、初めのうちは苦労しますよね。


「仕事がなかなか終わらない」「専門用語や略語の意味がわからない、聞き取れない」

 

学校で学んだことだけでは、現場では何もできないと実感される毎日ですよね。働きながら勉強・復習しなければいけないことが多いのも新人看護師の大変なところですね。


「いつも眠い」

 

夜勤シフトに慣れるまでの辛抱です!私の場合は、「出来るだけ質の良い睡眠を」と思って枕やベットにお金をかけたりもしました(笑)


「患者さんのやさしい言葉に癒された」「患者さんに頑張ってと声を掛けてもらい、やる気が出た」

 

先輩や同期からもやる気をもらうことが多いですが、なんといっても患者さんからの言葉は励みになります。私が今働いている高齢者マンションの健康管理室の仕事でもそうですが、ご高齢のおじいちゃん・おばあちゃんは優しい言葉をかけてくれる方が多いですよね。


看護師に限らず、就職するということは、学生時代とは違って、社会人としての責任が求められます。新卒で希望を胸に職場に入ってみても、自分はこの仕事に向いていないのではないかと自問してみたり、プレッシャーに押しつぶされたりしそうになる時もあるでしょう。

 

しかし、最初は新人の看護師でも、1年目、2年目と経験を積んでいくうちに、悩んでいた自分をなつかしく振り返ることができる時もいつかはやってきます。そういう日を迎えるためには、自分と他人をみだりに比べない、そして自分のちょっとした成長や変化に自分自身が気付いて「自分をほめて認める」ことも大切です。ナースとしての仕事に誇りと自分なりの目標を持って、仕事に取り組んでいきたいですね。

 

仕事が辛い…。看護師に向いてないのかも…。自分のやりたい事と違う気がする…。

「仕事を辞めたい」と思っている新人看護師にできるコト

新人看護師の「失敗談」

働いて1年目、2年目の新人にとって、失敗談はつきものです。しかし、これが看護師となると、人命にかかわる医療の現場であるだけに、とりかえしのつかない重大なアクシデントに繋がってしまいます。とはいえ、ナースも人間ですから、失敗はしてしまいます。ここでは、新卒ナースのよくある失敗談や、重大事故になりかねない失敗であるインシデントをいくつかご紹介。

 

 

新人看護師に多いのは「注射の失敗」

  • 採血の時、何度も失敗してしまった
  • 点滴の針がなかなか上手く入らなかった
  • 夜勤の時、点滴を確認するのに一生懸命になりすぎて、患者さんの顔に懐中電灯を当てて眩しい思いをさせていたのに気付かなかった

 

重大事故になりかねないインシデントも…

  • 急患の対応で、受け持ち患者の点滴投与を忘れてしまっていた
  • 点滴の適下数を間違えてしまった
  • 投与日時を間違ってしまった
  • 投与量を間違えてしまった
  • 似ている名前の別の患者に、間違えて投薬してしまった
  • 担当患者の処置中に急患が入ったけれども、周りに応援を頼むことができず、焦ってしまった

インシデント報告の約2割が新人看護師
新人看護師は、現場においてわからないことが多いだけに、失敗も多くなます。インシデント報告の2割を新人看護師が占めるというデータもあるほどです。

 

失敗は「繰り返さないこと」が大切。そのためには、失敗に責任をもって、なぜ失敗したのか原因をつきとめることが必要です。そしてこうしたことを繰り返して行っていくことによって、医療におけるアクシデント防止につなげることができるのです。

 

新人ナース時代は自分の失敗としっかり向き合い、1年目より2年目、そしてその次へとステップアップしていくことを目標に頑張っていきましょう。